1. TOP
  2. フリーランスエンジニア
  3. エンジニアからフリーランスエンジニアになるには?目指せ年収1000万!

エンジニアからフリーランスエンジニアになるには?目指せ年収1000万!

今…エンジニアとして不満を抱えていませんか?

  • 社内SEをやってるけど…やりがいを感じない…
  • プログラマーとしての成長が見られない…
  • 友人が独立して成功している…
  • もっと自由な時間が欲しい… など…

フリーランスエンジニアになれば、もっとやりがいのある仕事ができるかも?

と思っているエンジニアも少なくないでしょう。

そこで今回は、エンジニアとして…フリーエンジニアになるには?

憧れの「年収1000万」は超えられる?

について解説していきましょう。

エンジニアからフリーランスエンジニアになるには?5つの過程を踏め!

フリーランスエンジニア なるには

この質問に対する「答え」は至ってシンプルです。

☞ 独立した時点で「フリーランス」になる!…です。

『そんなことはわかってるよっ!』と怒られそうなので…

もう少し、かいつまんで話をしていきましょう。

1.フリーランスエンジニアにどのジャンル・分野で独立するか?

エンジニア…と言っても幅は広く…

ネットワーク関連や、Webデザイン、AIや、インフラ…

また、それぞれのプログラム言語だけでも十数種類(厳密に言えばもっと多いですが)…

しかも、現役のプログラマーだけでなく…

ディレクションやプロダクト…コンサルティングなどを含めて、すべて「エンジニア」というくくりになります。

つまり、ジャンルや分野に関係なく、一般的に…

「独立したエンジニア=フリーランスエンジニア」と呼ばれています。

あなたはどのジャンル・分野・ポジションでのフリーランスをイメージされていますか?

☑ どのジャンル・分野・ポジションなら、独立できる自信がありますか?

まずはこれらのイメージをしっかりと持っておきましょう。

すべてはそこからです!

2.どれくらいエンジニアとしての経験があればフリーランスになれる?

フリーランスエンジニア なるには

先ほどの質問の中にあった…

☑ どのジャンル・分野・ポジションなら、独立できる自信がありますか?

ですが…

ほとんどの方が「最初は自信がない…」という方が多いので、ご安心ください!

では、どのレベルだったらフリーランスになれるのでしょうか?

一番シンプルな答えは…

☞ 第三者に聞く(相談する)こと!です。

というのも…

フリーランスのエンジニアに仕事を任せたい!と思っている企業は、実は山のようにあります。

企業側がフリーランスエンジニアに依頼したい理由としては…

  • 自社でエンジニアを募集しているけど、まったく来てくれないから、外注化したい…
  • エンジニアに任せたい仕事は限定的なので、わざわざ雇用までするリスクは負いたくない…
  • 1つのプロジェクト予算が決まっているため、できるだけフリーランスに任せて予算を抑えたい…
  • 自社エンジニアでは足りない部分を、フリーランスエンジニアに補足してもらいたい…

など…

企業側が求めるフリーランスエンジニア像は、企業によっても様々です。

つまり…

あなたのエンジニアとしての経験が、フリーランスとして通用するか!?は…

企業側が求めるレベルによっても変わってきます。

当然、未経験…という訳にはいかないとは思いますが…

自分の経験やスキルが、対外的にもどれだけのレベルなのか?

企業側は、今どういったエンジニアを求めているのか?

など、自分一人ではわかるはずもない情報を得るためにも…

一度、エージェントなどに直接ご相談されることをおすすめいたします。

3.まずは1つの仕事を獲得するところからスタート!

フリーランスエンジニア なるには

フリーランスエンジニアとしてのスタートは…

1つ目の仕事を獲得できるか!?にすべてかかっています。

もっと言えば…

2つ目…3つ目…と継続できるか?に、フリーランスとしての真価が問われるのです。

その第一歩目となる「フリーランスエンジニアとしての1つ目の仕事」。

しかし、ここでエンジニアならではの分かれ道があります。

それは…

☑ 在宅型?

☑ 定駐型?

といった…働き方の「分かれ道」です。

「在宅型」は、その名の通り…家(家じゃなくても良いですが)で仕事をするタイプ。

「定駐型」は、フリーランスだけど、企業に出向いてそこで仕事をするタイプ。

の2パターン。

今、企業側が求める多くのタイプは…「定駐型」のフリーランス。

「在宅型」の場合は、やっぱり企業の情報が外に漏れる可能性を考慮すると、避けたいようですね!?

また、クラウド型の業務依頼の場合は…そのほとんどが「在宅型」となります。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、後ほどご紹介していきましょう。

4.エンジニアとして求められている仕事より「1つ上」のスキルが必要

フリーランスエンジニア なるには

今のあなたのレベルと「5」として…

企業側から求められている仕事が「5」の場合…

その業務委託を受けることは恐らく可能でしょう。

しかし、レベルがちょうどの仕事をこなしているだけでは、次のオファーは途切れてしまいます。

あなたのエンジニアとしてのレベルが「5」であれば…「5以下」の仕事を受けるべきですし…

定期的に「5」の仕事を受けたい場合は、あなた自身のレベルが「6以上」になるようにスキルアップするべきです。

レベルが同じもの同士の場合…そこには「新しい発見」や、「新しい提案」などは生まれにくく…

ただ、作業をお願いし…ただ納品する…を繰り返すだけ…

という流れにもなりかねません。

フリーランスエンジニアとして、継続した仕事を得るには…

企業やクライアントが求めている「以上の仕事」を見せるべきです!

そういった積み重ねが「次の仕事」を生む可能性を広げるのです。

5.「覚悟」があれば何でもできる!?

フリーランスエンジニア なるには

今、「エンジニア」という仕事は、山のようにあります。

そして、今後はもっともっと依頼が増えてくることでしょう。

そんな中、フリーランスエンジニアとして独立することは、正直そんなにリスキーなことではありません。

  • 収入が減るかも…
  • 安定しないかも…
  • 自分一人でやっていけるのだろうか…
  • 仕事はあるのか…

といった不安や悩みを抱える気持ちはよくわかりますが…

結局のところ、あなたに「覚悟」さえあれば…正直、食べていける業界です。

というのも…

フリーランスエンジニアに特化した「仕事紹介所」もあります。

クラウドサービスのサイトなどを覗けば、エンジニアにやってもらいたい仕事は、1つのサイトで数百件も掲載されています。

それくらい、エンジニア人口に対して仕事が溢れている状態なのです。

そう考えれば…

結局は、あなたにその「覚悟」があるか?だけなのです。

関連記事

あなたにこんな「覚悟」ありますか?デメリットを知って…現実を見ましょう!

軌道に乗るまで不安!?だったら…貯金はしておこう!

フリーランスエンジニア なるには

最終的な結論は「あなたの覚悟」でしたが…

  • 自分には家庭がある…
  • 1つ目の仕事から次につながるか不安…

という気持ちもよくわかります。

その不安を解消するには…やっぱり「お金」が必要です。

いわゆる「独立のための運転資金」というやつですね!?

一般的に、運転資金は3~6ヶ月分を想定しますので…

生活費が月に30万ほどかかるのであれば…

30万×3~6ヶ月分=約100~200万ほどの余剰資金はみておく必要があります。

中には、多めに見て…1年分…として換算している人もいます。

ここでハッキリ断言しておきます!

フリーランスエンジニア なるには

6ヶ月以上も収入を得られないフリーランスになるくらいなら…

その時は、諦めた方が良いかもしれませんね!?

本当に「覚悟」があるなら…

エンジニアとしてフリーランスになる前から1つ目の仕事を探し…

最初のうちは、現職と掛け持ちをしながらでも進めていくことでしょう。

そして、安定してきてから「独立をする」。

これくらいの「覚悟」と「ライフ設計」を持っていないと、フリーランスとしてはかなり厳しいかと思います。

「在宅型・定駐型エンジニア」それぞれのメリット・デメリットは?

フリーランスエンジニア なるには

先ほど…

☑ 「在宅型」は、家(家じゃなくても良いですが)で仕事をする。

☑ 「定駐型」は、(フリーランスだけど)企業に出向いてそこで仕事をする。

と解説いたしましたが…

それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

「在宅型エンジニア」メリット・デメリット

■「在宅型エンジニア」メリット

☑ 自分の好きな時間・好きなタイミングで仕事ができる

☑ ムダに人と関わらなくて済む

☑ 家の用事・家事(育児など)と並行してできる

☑ 環境さえ整っていれば好きなところ(海外でも可能)で作業ができる

☑ 移動時間などがないため、仕事に当てる時間が増える

☑ 交通費などのムダな経費が掛からない

☑ 時間に余裕があれば、さらに副業・兼業(掛け持ち)ができる

■「在宅型エンジニア」デメリット

☑ 企業側からの業務委託は少ないため…収入(業務単価)としては少なめの場合が多い

☑ 他からの情報があまり得られない

☑ モチベーション管理が難しい

☑ 好きな時間に仕事ができる反面…24時間仕事!という考え方も

☑ 足りない情報や、知りたい情報を得るのに時間が掛かる

☑ 24時間自宅にいると…奥さんに煙たがられる…笑

といったメリット・デメリットが考えられます。

では、次に「定駐型エンジニア」にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

「定駐型エンジニア」メリット・デメリット

■「定駐型エンジニア」メリット

☑ 在宅型と比較しても、業務単価が高め

☑ 業務委託の案件が多い

☑ 大手企業の中で働ける可能性も

☑ 他のエンジニアとの接点も増え、スキルの幅が広がる可能性も

☑ 仕事に行き詰っても、誰かが助けてくれる(かも…)

☑ 次につながる仕事が貰える可能性も

☑ 定期的に職場が変わるため、気分転換になる

☑ 仕事のヒントが至る所に落ちている可能性も

■「定駐型エンジニア」デメリット

☑ 職場の人間関係で悩む可能性も

☑ 出勤時間が決まっていたり…会社都合によって拘束されることも

☑ フリーランスが自分1人の場合…居心地が悪いかも

☑ 仕事以外の疲れ・ストレスが溜まることも

☑ 自分の好きなタイミングで仕事ができない

☑ 業務委託以外の仕事までさせられる可能性も

「定駐型」の場合、在宅型よりも業務単価が高かったり…仕事の案件が多い分…

在宅では感じることの少ない…余計なストレスや人間関係などで悩むことも…

「ない」とは言い切れません!

安定している分、そういったデメリット(リスク)もあることを知っておきましょう。

人気のフリーランスとしての働き方は…?在宅型?定駐型?

フリーランスエンジニア なるには

この「在宅型」と「定駐型」を比較した場合…

どちらかの方が断トツで人気!ということはありません。

どちらかと言えば…仕事の種類が違う!

といったイメージでしょうか!?

「在宅型」は、自宅やパソコン1台でできる作業内容・委託が多いのに対し…

「定駐型」は、プロジェクトの一環…他の部署との兼ね合い…作業の効率化など…

一人では作業することができない、チームとしての動き…が問われることが多いようですね。

つまり…求められるスキルや言語の種類によっても、案件数が変わってくる!ということです。

「在宅型」「定駐型」で多いプログラム言語は?

フリーランスエンジニア なるには

例えば、「在宅型」「定駐型」で求められるケースとして多いのは…

☞ 「在宅型」は…

Web(HTML)・PHP・Ruby・JavaScript・などのネット・デザイン関連がメイン。

☞ 「定駐型」は…

インフラ整備・業務システム(Java)・アプリ開発(Swift)・AI(Python)などがメイン。

といった具合に、依頼内容も変わってきます。

冒頭でも解説しましたが…

あなたが、そのジャンル・分野でフリーランスエンジニアを目指すのか?

によって変わってきますので、まずはそこに立ち返る必要があるでしょう。

フリーランスエンジニアは…「定駐型」から「在宅型」が理想的!?

フリーランスエンジニア なるには

ここまで解説してきた内容は…あくまでも「現役」としてのプログラマーが大前提です。

しかし、エンジニアにはその先の…

  • ディレクション
  • プロダクト側
  • コンサルティング

といったステップもあります。

やはり、「フリーランス」としての醍醐味は…

☑ 好きな時に好きな場所で仕事ができる!

☑ そして、その上で…会社員以上の収入がある!

というのが理想的でしょう。

そうなるためには…

まずは「定駐型」で安定した収入を得ながら、更なるスキルを磨き…

その後は、「在宅型」に切り替えて、コンサルティング・デキレクション業として生計を立てる。

という方法もあります。

「エンジニアコンサルティング」としての仕事が安定して何社か入ってくると…1つ目の大きな壁でもある…

「年収1000万」以上は確定的になってくるでしょう。

「定駐型」はそのためのステップだと思って良いと思います。

まとめ

結果的に言えば…

フリーランスエンジニアになるためには「覚悟」があれば、あとは行動するだけ!

今、エンジニアにっては非常に恵まれている時代ですので…

その「覚悟」を持ってさえいれば、仕事に困ることはまずない!

と言えるでしょう。

エンジニアとしてのこれからのステップは、これから考えていくこと!

まずは1つ目の仕事を獲得し…

次の仕事が貰えるように、目の前の仕事を全力でやり切ることです!

1日でも早く、フリーランスエンジニアとして、自由な時間を使えるフリーランスになれるように…

今のうちから準備しておきましょうね!?

関連記事

フリーランスで成功している人ってどんな人?成功できない人と何が違うの?

今…転職は「一人で戦う」から…「自分にあった仕事・職場を紹介してもらう時代」へ
エンジニアとしての転職を考えている場合…

あなたは、どのようにして転職先を決めますか?

ネット検索をして…転職サイトに登録して…会社説明会などに参加して…なんか違うな~と感じたから次…

やっと見つけられた転職先も、いざ面接を受けてみたら…上司が怖そう…。

もうそんな時代は終わりですっ!

今は、次の転職先を紹介してもらう時代へ!

時代は…

☑ 仕事に対してのやりがい

☑ 前職の給料や待遇面への不満

☑ エンジニアとしての正当な評価

☑ あなたのキャラクターとの相性

つまり…「あなたと企業のマッチング」がすべての時代となりました。

そこで今人気の転職方法として、あなたに合った仕事・職場を紹介してくれる【エージェント】があるのです。

エージェント制なら【マイナビエージェント×IT】がおすすめ!


今人気の転職方法…ということもあって、「転職エージェント」を積極的に行っている企業は急激に増えてきました。

で?結局、どこに登録すればよいの?

そういった声が聞こえてきそうですが…

エンジニアは特殊は仕事ですし、いわばIT業界の職人のようなもの!

他の業種に紛れて…エンジニア案件はチョロっと…といったエージェント会社を選ぶくらいなら…

エンジニアは、エンジニアに特化したエージェントを活用すべきです。

そこで…おすすめしたいのが…案件数も業界トップクラスの【マイナビエージェント×IT】

あなた専任の担当者が…あなたの経歴や実務経験、転職へのこだわりなどをじっくりとヒアリングしてくれ…

あなたに合った仕事・職場をいくつか紹介してくれます!

【マイナビエージェント×IT】ならこんなサポートも?!


しかも、その企業の採用試験に合格するための…

エントリーシート(ES)の書き方

☑ 履歴書・職務経歴書の作成アドバイス

☑ 面接対策 など…

充実したフォローで、あなたの転職をサポートしてくれます。

  • どんな会社なのか?

  • どんなところが自分に合っているのか?

  • どんな仕事を求められているのか? など…


一人でネット検索するだけでは見えてこない企業情報を教えてくれますので、利用しない手はないでしょう!

登録は簡単3分登録なので、まずは転職のきっかけ作りとして…web登録から始めてみませんか!?

<簡単登録たった3分で次の道が開ける>


☞【マイナビエージェント×IT】簡単登録

こんな記事も読まれています!

  • フリーのエンジニアになっても仕事がない!?仕事を見つける5つの方法とは?

  • フリーランスエンジニアとして成功している人の8つの特徴

  • 憧れのフリーランスエンジニアは…デメリットだらけ?あなたに覚悟はある?